社会福祉法人すすきの保育園の沿革

1945年(昭和20年)
10月
創立者白鳥信子が主となり、周辺住民の方々の協力により相模原町小山地区(現相模原市中央区)の旧陸軍施設を借用して、「すすきの幼園」が開設される。初代園長に荒井清治が就任、園児 約70名
1946年(昭和21年)
4月
第2代園長に白鳥信子が就任、定員105名
1948年(昭和23年)
7月
児童福祉法による認可
1954年(昭和29年)
11月
米軍基地拡張により、小山2610-4番地(現ひまわり遊園敷地)の新築木造園舎(市有)に移転
1956年(昭和31年)
5月
後援会発足、会長に坂本君江氏が就任
1957年(昭和32年) 小学生の放課後保育(現在の学童保育)を始める。
1960年(昭和35年)
4月
定員変更認可により、定員150名(乳児20名)
1968年(昭和43年)
3月
相模原市議会が、園舎を社会福祉法人すすきの保育園に無償譲渡する議決を行う。社会福祉法人すすきの保育園設立認可、初代理事長に白鳥信子園長が就任
1972年(昭和47年)
3月
現在地(すすきの町2616-4)に新築移転(鉄筋コンクリート造、2階建延べ床1073・4㎡)。定員200名(うち乳児40名)
1973年(昭和48年)
2月
理事長兼園長白鳥信子が逝去(享年56歳)。第2代理事長・第3代園長に重本和子が就任
1987年(昭和62年)
2月
園歌(みんなみんな光の子)を制定
1998年(平成10年)
4月
第4代園長に白鳥修が就任
2007年(平成19年)
7月
10月
 
第5代園長に小山智子が就任
第6代園長に近藤八千代が就任
2008年(平成20年)
2月
第3代理事長に樋口武が就任
2010年(平成22年)
8月
園舎改築のため仮設園舎(宮下町1丁目)に移転
2011年(平成23年)
3月
新園舎(鉄骨造3階建延べ床1322・9㎡)完成。定員 220名(乳児44名)
2013年(平成25年)
4月
定員 210名(乳児34名)に変更
2015年(平成27年)
11月
第7代園長に前田晶子が就任
2016年(平成28年)
12月
天皇陛下から御下賜金を賜る。
2019年(令和元年)
6月
11月
 
第4代理事長に三沢賢一が就任
共同募金運動により厚生労働大臣表彰を授賞
2020年(令和2年)
4月
第8代園長に木村邦充が就任